FC2ブログ

ホームページのあり方と使い方

Masa

ホームページと一言で言っても、その幅は広く
個人のサイトから、企業のサイト、掲示板だけのサイトやWikiサイト
多岐に渡ってますね。

普通、お店や、会社などをやっていて作りたいなと思うサイトは
・集客UPの為の商売の紹介サイト
・事業案内の為の企業紹介サイト
・ホームページ自体で集客と売上が上がるショッピングサイト

が主になってくると思うんです。

まず、、、集客UPの為の商売の商会サイトというのは
飲食店などのホームページですね、
いわゆる自店舗の紹介で、最終的には自店舗に足を運んでもらいたい
そこで初めて売上が上がる
このスタイルの場合 ホームページの役割は「道案内の看板」みたいな物だと思ってます。
「道案内の看板」と考えると、けっこう簡単で
見やすい場所に 綺麗に わかりやすく が優先される事項だと思います。
つまり
見やすい場所に・・・地域や、商品 の検索で上がってくること
綺麗に・・・・・・・商品が綺麗に見えるように
わかりやすく・・・・なるべくすっきり、明確に足を運びやすく

キーワードも比較的決めやすく、ただ、同業者が多数いるのでSEOとなると
けっこう難しく地道にやっていくしかない。ということになりますね。
しかし、商品に自信がある(飲食店ならリピートさせるだけの腕がある)なら
自然と個人のブログなどに紹介され、アクセスは上がっていくと思います。

”アクセスが上がる為のリンクアップについては別記事で書きます”

次に
・事業案内の為の企業紹介サイト
いわゆる、会社案内サイトの典型的なパターン
自社アピールですね。販売するわけではなく、集客がメインというわけではない
「タウンページ」に一番近いかもしれないスタイル。
同内容事業者を一覧にして、順次見ていく人がよく訪れるページに分類されると思います。
例えば、多数の販売店舗を持つ元締め会社のホームページなど
求められることは。
清潔に(一部業種を除く) なるべく詳しく 求人案内 事業内容アピール
清潔に・・・・・・・出来る限りかっこよく、企業イメージに合うスタイル
なるべく詳しく・・・ここと提携して大丈夫か、任せて大丈夫か安心感のある内容
求人案内・・・・・・新しい人材確保の為(常に新しい人材が必要な場合のみですが)
事業内容アピール・・新規開拓があるかもしれない、自社で可能な事のアピール、姿勢

検索的には、まず社名でヒットすることが最低条件ですね(これは難しくはない)
そして、できることなら、事業内容でヒットする事が望ましいですね。
事業内容が多岐に渡る場合は、メイン事業の1つに絞らないと厳しいかもですね

そして
・ホームページ自体で集客と売上が上がるショッピングサイト
この依頼もすごく多いですね。
ホームページで売上が上がればいい、誰もがそう感じると思うんですけど。

この件は長くなるので次記事にて書きます。


自分のサイト作りました。
沖縄SEOホームページ e-OKinet.comまだ未完成ですが、これから充実させていきます。





スポンサーサイト
Posted byMasa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply