スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

PC組み立ての話題ばかりですが。低予算のゲーミングマシンを考えてみる

2012-01-22
趣味のオンラインゲームのチームのメンバーのマシンがだいぶキテイル(壊れそうで恐い)
ということなので、
今回は、事務用ではなく、ゲーム用マシンを自作するならということで、書いていきたいと思います。

予算が限られ、なるべく低予算で組み立てたいということなので。

今のPCから流用できるパーツは流用してしまおうというのがテーマです。

流用パーツ
1.ディスプレイ…買っても安いですが、塵も積もれば&いつでも変えられる
2.マウス&キーボード…上記と同じ理由
3.オフィスソフト…2台にオフィス入れてももったいないので、使ってるのがあるならそれをコチラに再インストール&再認証すればOK
4.ディスクドライブ…これは、できるなら流用、前のPCをそのまま使うつもりなら支障が出る可能性があるので購入してもいいが、前のPCを使わない かつ ドライブがSATAなら流用可能なパーツ

OSも再利用したい所ですが、DSP版が安いのと、64bitの性能が格段にいいのでこれは新規購入をする。

ということで、必要なパーツは
1.ケース
2.電源
3.CPU
4.マザーボード
5.メモリ
6.HDD
7.グラフィックボード
8.OS
(9.光学ドライブ)

以上になりますね~

ざっくり見積もって行きましょう。
低予算とくれば当然AMD  FXの8コアはこれからのマルチスレッド時代にはもってこいのチョイスだと思います。心配なのは排熱と消費電力。。。。しかし、オンラインの3Dゲームをするのにそんな事言ってられません。

1.ケース これは今後の拡張も考えちょっと大きめのミドルタワー。。かつできるだけ安く
(これも今後いくらでも交換可能なパーツなので今回はローエンドの安いものをチョイスします。)
ポイントはできたら電源付き できたらファン付きですが、、、探してみたところ電源付きもあったのですが。グラボへの電源供給ラインが足りないので
個別に組むしかないようです。
グラボが巨大になることと、今後の拡張も考えて。ちょっと大きめのサイズをチョイスしてみます。


こちらはファンが上部と背面と2個搭載されているタイプです。ファンの値段も安いですが塵ツモということで。ついてるに越したことはない!!と思います。


こちらも背面ファン付き。追加でさらに5個もつけられるというので、もし冷却が不安になったら追加すればいいですね!安さで選ぶならコチラかなぁ。



2.電源。PCI-E追加が2本あるものを選択し。600W以上かつ安価なもの

これは安い650Wでこの価格 グラボ供給も2本確保されてます。


3.UPU これはAMDのFXの8コア。。。Intelよりは安く抑えられる ハズ

8コアで2万を割るこのコストパフォーマンス。
ソケットも最新なので余裕が出たら上位に乗り換えるのもありかも

4.グラフィックボード搭載可能かつ拡張性が高くかつなるべく低価格

AM3+ だと選択肢が少ないようです。CPUが125Wなので、対応しているマザーということで
オンボード無しのタイプに限られてしまいますが。

ちょっと高価になりますが、ここは重要パーツなのです
GIGABYTEのマザーは後々システムディスクでSSDを追加した時に
キャッシュ領域としてのSSD追加ができるので便利らしいです。(未検証)

5.メモリ 安定の8Gを搭載すればいいと思います。
現状で8G以上の性能が求められるシチュエーションがあまり想定できません。

スペックギリギリ(OC無し)のメモリです。これが一番オススメですが

じゃっかん兼価版のこちらでも十分


速度の違いが体感できるか微妙なくらいオーバースペックだとおもいます。
(ベンチマークなどするなら別ですが。オーバークロック(OC)もしない環境なら大差ないと思われます)

6.HDDこちらは今まで散々紹介したあのHDDを

シーク音(カリカリ音)も少なくコストパフィーマンスも高い(値段と性能のバランス)こちらのHDDがいいと思います。
余裕ができてからSSDを追加するのも全然あり

7.一番の問題 グラフィックボード
高い=高性能 が程よく成り立つので予算1.5万~2.5万程度で並べてみます
ベンチスコアの高い順ですが、使うソフトで上下しますので参考程度にお考え下さい。

このへんがスタートラインでしょうか。これ以上の高価なものは
コストパフォーマンスが極端に落ちます。


AMD製なのでこちらは安め


AMD製 Radeonは何故ここまで値段さがるの早いのでしょうか。


Geforceですね Tiというのはオーバークロックモデル。
560のOCモデルということですが、製品化されているくらいなので安定起動はしているとおもいます。



これくらい並べればいいですかね。
Geforceの方が知名度がある分値段が下がりにく、Radeonは新製品が出ると一気に値段が下がるのが特徴?と言えないことも無いので。型落ち狙うならRadeonもありですね。
性能は。。どちらも良し悪しありです。

8.OS こちらはもう7の64bit 1択でいいでしょう

DSP版といって、ハードとセットのOSです。中身はパッケージ版と全く一緒です。


9.光学ドライブ。こちらは流用しないなら(できないなら)
<光学ドライブ DVDスーパーマルチ>

これで十分だと思います。ブルーレイはまだメディア(ディスク自体)が高いので
もうちょっと安価になってから追加するか、のせ買えればOK


ちょっと高めになってしまいましたが。
安物買いするよりはちゃんとしたもの組めると思います。





スポンサーサイト
tag :

綺麗な美容室のカウンターに置く、綺麗なデスクトップPCを見積もってみます

2012-01-16
あけましておめでとうございます
2011年も始まりました。今年はさらに躍進の年にしたいと思っております。

ホームページ作成を依頼していただいた、美容室様から
カウンターに置く、パソコンでいいものが無いか?とのご相談

1.持ち歩くことは無い
2.のちのち、画像処理などにも使いたい

以上から、割と高スペックのデスクトップPCをご提案させて頂きました。

PC本体はカウンターの中に隠してしまえばいいので。露出する部分のデザインに気を使って見ました。


カウンターということで、見た目にとことんこだわり。
まず、見える所ということで

ディスプレイ



こちらのディスプレイは、LED液晶で、薄いんです。1cm未満という脅威の薄さ。しかもピアノブラックの背面にフロントパネルはメタリックシルバー

さらに配線は台座につくので、画面の後ろど真ん中からコード垂れ流すこともありません
VISE規格のマウントまでついているという優れものです。
もちろんFULL HD規格の画面サイズ。

・・・・・自宅に置きたい。。。。。

23インチしかなく、大きめなので、カウンターに置くのに大きすぎないか心配でしたが、
専用のデスクを置くということなので、問題なさそうです。


次は、キーボード&マウス ですね。
こちらは、色々迷ったのですが、お安めで、見た目が綺麗なもの
そして無線タイプをチョイス致しました。
やはり、無線がいいでしょう。コード類が見えないほうがすっきりします。

オフィスなどで使う分にはよほどのこだわりがない限り。有線がいいと思いますが。
やはり、カウンターということなので、利便性などより、見た目を最優先させて頂きました。

本体サイズW384.6mm×D124.6mm×H18.1mm

マウスは迷ったのですが

こちらはどうでしょうか?デザインが入っているので、美しい。
シンプルな黒も多数ありましたが、マウスはこんな遊び心はいっていてもいいのでは?

マイクロソフトからタッチセンサーマウスなんてのも出てましたが。
使い慣れるまでは使いにく(当たり前)との評価

色んな人が受付で触るので、その辺も考慮して、このスタンダードなものに
してみました。

ちなみに、キーボードもあります


サイズが
キーボード (幅×奥行×高さ) mm : 381 x 155 x 19

光沢ブラックのシンプルキーボードと殆ど変わらないですね。これは先方に決めてもらったほうがよさそうです。
マウスとセットか。マウスだけ派手なものか。

ん~(個人的にはピアノブラックのシンプルキーボードが好き)

見た目に拘るPCなんてほとんど組まないので、楽しいですね。


お次はスペック

Intelでもいいのですが、ここはコストパフォーマンス重視で
AMDの6コアCPUをチョイスさせて頂きます。
同等スペックのIntelに比べて。マザーボード含め 6~7割ほどの価格になるので
特にこだわりがないのであれば、こちらがいいと思います。

PCケースは、今後、画像処理の時に処理が遅いと嫌だと言うことで。
今後グラボなどが増設可能なように、ミニタワー~ミドルタワーで小さめのものをチョイスします。

スリムタワーでは増設が困難なうえにサイズの制限がありすぎますので。
カウンターの下に隠すということで、今回は本体は大きめです。

いつものようにDVDスーパーマルチ
HDDはコストパフォーマンスを考えて、1TB こちらも今後増設可能です。

SSDはまだ高いので、今回はHDDのみで対応いたします。
今後予算が下りるようであれば、増設可能なように、GIGABYTEのマザーボードにしようと思います。

メモリは余裕の8GB 十分ですね、(今安いので大きめのものをチョイス)

OSはもちろん Windows7の64bit Pro
Office2010 Personal付き

お値段全部で、、、、11万程度の予定。


激安ではないですが。ここまでのスペックでこの値段ならいいのではないでしょうか。

最新のAMDのCPU 8コアも出てますけどまだ高いので、こちらの6コアをチョイス



AM3+のソケットで、コストパフォーマンス重視
USB3.0も搭載HDMI(画面出力)もある

メモリスロットが2本しかないが、これは8G搭載予定なので、、大丈夫!

GIGABYTEからMicroATXサイズのAM3+ソケットで、選択肢としてメモリスロット4本が無かったです。

SATA2が2ソケットあるので、拡張性も高い

ということで、今回はこれで製作したいと思います。

他のパーツはいつものとおり


本体を別の場所に収納するということで、
長めのHDMIケーブルを用意することになりました。
ちょっと余裕をもって5mを準備します



さらに、USBの延長ケーブル
こちらは2mです




tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。