スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ウェブサイトとSEOの昔と今を考える

2011-10-31
ホームページを運営するということは
そこに何か売り込みたい物(事)がある場合と
紹介したい物(事)がある場合
他には、メモ書き ざっと思いつくのはこれくらいですかね


メモ書きというのは閲覧数やアクセスアップは関係無いので別として

売り込みたい物がある場合は、やはりアクセスアップを狙うべきだし、なるべく見込みのあるアクセスを狙ったほうがいい。

運営の形というのは、どんどん進歩していくし、きまっているわけではない、色々なサービスもあり、100%完璧なスタイルなんて存在しないし、アクセスの形態(ブラウザ、端末、回線その他も)もどんどん変わるのでそれに合わせて行かないといけない。と思うのです。


ウェブ運営のアドバイスの方法も色々考えていかないといけないですね。

かつては、ドメイン取得と自サーバーでのブログを勧めた事がありました。
SEOという言葉が一般的に使われるようになった頃

まだSEOというのが言葉のみが先行して、内容がよくわからなかった頃

ウェブサイトはデザインが重視でアクセスやユーザービリティよりも
見た目のインパクトが重要視されていた頃

改めてその頃営業まわった所に再訪問せていただきたいなと考えております。


デザイン重視のTOP FLASHや TOP画像サイトは
ユーザービリティ(使いやすさ)を重視して、リロードの度に読み込みの入るスタイルは考えなおすべきだし、自サーバーブログは、一般公開の無料ブログに乗り換えるべきだし、ページ内SEOを再度見なおすべきだと思うのです。

しかし、実際現場の営業でこれらを的確に説明するのはとても難しく、どうすれば伝わるのかを常々考えています。

提案としては
1。デザインが気に入っているのならば、完全にCSSテーブルレスに変更する。ページ内SEOを見直す

2。自社ブログは、無料サービスのブログ(有料でも構わないが)にデータを移す。これは、昔の無料ブログプログラムではページ内SEO的に弱く、現在の高度な無料システムを使ったほうが今後のデザイン変更も楽だし、何より外部アクセスが増えること、そして外部リンクを増やせる事につながると思うからです。

3。ページの更新、最低でも月に1度はページを更新するべき、キャンペーンでも、お知らせでも、実績でも。その商品、企業、、物、が稼動している実績を残していく事

情報が溢れて、何をしていいのか、何を触ればいいのか、メリットとデメリットを明確化できないときに、的確な指標とアドバイスをできるように心がけています。

スポンサーサイト
tag :

沖縄の観光産業やサービス産業のウェブサイトの認識を考えてみる

2011-10-27
営業に回っていて感じること

自社の公式サイトを持っていない所が非常に多いということ

特に飲食業、店舗を構える小規模小売店


確かに売上、見込み客の大半は、近場の住人だったり。通りすがりの飛び込みだったりする事が多いかもしれない

公式サイトとは何かを考えてみる。


まず、公式というからには、自社(ないし提携や親企業)以外で、自社が意図していない広告告知が入っていないことが最低条件だと思う。

ウェブサイトお持ちですか?との問に、
「あっちで作ってるからだいじょぶさー」
という返答に当たることが非常に多いです。

この場合、あっちというのは、広告媒体を主として利益を上げている企業であり、当然、”あっち”の告知広告がでかでかと入っている事になる。

そのサイトは”あっち”が作った紹介ページであり別の広告媒体に対しては競合サイトになってしまう。

「公式サイト」とはどこで告知をしても管理が自分であるため競合する事が無い事が条件ではないかなと思うのです。

同様に多数の広告会社が紹介ページを乱立し公式サイトが無い所は検索で多数のページがヒットすることになるが
果たしてこれは、見込み客の立場に立って見たときにどうのように感じるのかを考えるべきだとおもう。

わかりやすく例えると。
「やたらとガイドブックに紹介されて、現地付近まで来ているが、該当店舗の看板がどこにも見つからない」
状態だと思う。

ここに公式サイトを一つ設け全ての広告の集約先を作ってやるだけで情報の集約点ができ、見る方も迷わない道ができる

これが公式サイトの役割であり、自社管理サイトが唯一できることであると思うのです。

同じように、「ブログやってるから大丈夫」という返答率も高いです。
最近はブログのみで紹介している所も多いですが、

正直、「ブログ」を公式サイト(ホームページ)とは呼べない、ブログ=ウェブログ つまりウェブ上の情報の蓄積、最新情報を素早く告知したり、過去の情報の蓄積をしたりするウェブサービス の一つであり、ブログの公開とは、このウェブサービスを利用しているだけという事をまず理解しないといけない

自サーバー設置のブログを利用するスキルがあるならば、TOPページをちゃんと作るべきだし(自サーバー設置でブログのみなんて個人以外の企業サイトでは聞いたこと無いですが。)他社サービスを利用しているなら、そこには必ず他社のPRが入っているはずである。


ブログも使い方一つで、例えば最新情報をブログで配信する、などはいい使い方ではないでしょうか、感単に配信でき、確認もできる、また、関係ないことでも、ブログなら許される一面もあります。

公式サイトと公式ブログの違い、公式サイト(ホームページ) 公式ブログ(自分が管理するブログサイト)あくまで別物、ブログはウェブサイトのコンテンツ(内容)の一部にするべき物でありそれが看板とは成り得ない と思うのです。


自作でも、依頼でも、1ページのみの紹介でも、あるだけで全然価値の変わる公式サイトを是非る事をお勧めします。

tag :

無料のサーバースペースについて考えてみる 無料高性能レンタルサーバ

2011-10-23
以前も無料のサーバーサービスについて少し触れましたが


「無料 ホームページ」 等で検索するとけっこう見つかります。

普通に月額料金を払いサーバーを借りる場合はそれを専門に行なっている実績のあるサーバー会社からレンタルするのが、一番いいと懐いますが
(実際にいつまでサービスが続くかなんてものは誰にもわからないと思いますが)

・とりあえず、初期投資を1円でも安くしたい
・趣味のページだからアドレス(URL)には拘らない
・何でもいいからサイトがあればいい

などなど、ウェブサイトの運営スタイルや目的は様々だと思います

無料ディレクトリを利用するメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

メリット
・無料であること(そのまま)
・サービスが続く限りサイトは無くならない(無料であるから)

・・・メリット考えてみましたが、無料である最大のメリット以外は思いつかなかったです。

デメリット(これはけっこうありますよ)
・突然停止する可能性がある(大半が個人で設置のサーバーの空きスペースを開放しているなど、直利益が殆ど無い以上管理人次第で突然無くなる可能性がある)
・強制広告が入ることがある。
・バックアップが無い場合がある。(サーバーによりますが、バックアップは個人のローカルにお願いします。というサービスも多いです)
・遅い、重い(サーバーによりますが、規約が緩い場合などは重いプログラムを上げる非常識な人がいる場合もある)

最大のデメリットは、やはりサービスの突然停止でしょうか。
(経験がありますが、鯖は生きてるのにサービスのみ停止は本当に辛いです。変更も削除もできないので、鯖が落ちるか。ドメインの使用期限が切れるまで、その情報は上がりっぱなしになります。)


メリット(無料)>デメリット(落ちても構わない,ドメインは何でも構わない等) となるようであれば、無料サーバーサービスを利用するのも全然アリだと思います。


基本的に無料で広告すら入らないサービスを利用しているのに商用利用するというのも、いかがなものかとは思いますが。

最初から物販やアフィリエイト目的のサイトを作るつもりではなく、サイトを作っていたらニーズに合ったアフィリや商材を見つけてしまったり、最初は営利目的ではなかったが、企画をすすめるうちに商材ができてしまう
なんていうことも、あると思います。

最初から完結しているサイトを作れることなど殆ど無い


運営する上でのストレスが少ないサーバーを選ぶのがベターだと個人的は思います。
(どこのサービスを利用するにしても突然落ちたり、サポートが遅かったりするリスクは必ずあると思います。)

1。商用利用が可能であること
※個人的に思うことですが、例えば、PC組み立てのサイトを開設して、その時に使用したパーツの広告をくっつけたり、ゲームのコミュニティサイトに該当ゲームの購入口を設けるなどの行為が非常識だとは思いません。これを商用サイトと呼ぶなら趣味サイトも相当作りにくいものになるのでは?

2。CGI,PHP等が利用可能であること
※sendmailや、簡単なフォームなどの設置など、簡単なプログラムすら動かせないとなると、コレもまた制限が多く、手書きのhtmlのみのサイトになってしまうというのも味気ない気がします。重いプログラムなどを禁止する事は当然だと思いますが、一把に全部禁止というのはやはり、サイトが煮詰まってくるとストレス感じる原因になるかもしれないです。

3。広告無し または 広告を指定箇所にサイト制作者が挿入できる
※強制広告の所が多いですが、これはサイトのレイアウトとは関係なく挿入されてしまうので、サイト閲覧者にストレスを与えてしまう原因になるかもしれないですね。上部のPOPでサイト名が隠れてしまう、など、よく見る光景です。あと、広告の為に(広告にアクセスが重なると)重くなり開くのに時間がかかったり、ブラウザがフリーズしたりする事があるかも?某ブログサービスが時間帯によってすごく重くなる原因はコレじゃないかなと邪推してます。
※指定箇所にサイト制作者が入れられるのであれば、レイアウトが著しく崩れる原因とはなりにくく、むしろ説明付きの綺麗なPRになるのでは??と思いますがいかがでしょうか?PRの目的にもよるとおもいますが。

4。貰えるURLがサブドメインであること
※サブドメイン→ドメインごとに独自情報の独立サイト
http://aiueo.example.com/
example.comというドメイン(同一サーバー)の【aiueo】という独立サイト

※サブディレクトリ→TOPドメインの下層コンテンツ
http://www.example.com/aiueo/
example.comというサイトの中の【aiueo】というコンテンツ(分野)と扱われる事があるかもしれないですね。サブディレクトリでも独自のサイトとしてちゃんと機能している所は多数ありますが。SEO的にはやはりサブドメインがいいのでは?と思います。

以上の条件を満たしたサービスであれば、デメリットとリスクを考えた上でも。十分利用するに値するのでは?と思いますが、いかがでしょうか?

皆さんの趣味のサイトをつくろう∩(=ω=;)nakadora-net.com適当すぎなければ審査落ちすることはほとんどないそうです。

■ FLNet.org自由に何でも作って下さいとの事です

ReJEC.NET ちょっと変わった審査方法です。(年齢制限で設置目的を確認など。。)

WHSサーバへようこそ!他無料サーバーが閉鎖して困ってる場合、優先的に審査してくれるそうです。


他にもまだまだあるかもしれませんが、上記サイトは、恐らく1。~4。の要件は満たしていると思います。

ご参考までに。

FC2サーバーはhtml以外のUPを認めていないので、有名無料ディレクトリですが、微妙です。


事業所サイトなど、個人以外で確実に利益の生ずる顧客(見込み)の方が閲覧するような内容になるのであれば、やはり、月額を払い、ちゃんとしたサーバー(会社経営でバックアップもあり、資本もある)を借りるのがいいと思います。
月額1,050円で高機能・安心レンタルサーバー

ここのサーバーの使い勝手が良いので利用しています。サポートの対応も親切です。

tag :

相互リンクツール LINKopty テスト

2011-10-23
tag :

Docomoの迷惑メールフィルターについて考えてみる

2011-10-21
Docomoの携帯電話を使っています。

10年以上同じメールアドレスを使っているので
迷惑メールが非常に多いです。

アドレス変えればいいじゃんって話なんですが
基本的にアドレスは変えるものじゃないと思っているので
迷惑メールフィルタの設定で対応しています。

最近多いのが、 *(*は適当な文字)gree.jp
や、*moba.jp など
有名SNSの送ってくるメールと同じようなドメインからの迷惑メールです。

アカウント部分 aaa@bbb.com のaaaの部分は無限に量産可能
さらに、 aaa@ccc.bbb.comのcccのサブドメイン部分も無限に量産可能ということで

個別に拒否しても翌日には別のアドレスから送られてくるので
非常に鬱陶しいですね。

docomoの迷惑メールフィルターの設定で
ドメイン指定拒否というものがあるのですが
説明が非常に簡単でわかりにくいので、これらを拒否できない方も多いのでは?

まず、指定受信が優先されるということ

そして、後方一致 ということ

mixi.jpからのメールを許可したいときに
ドメイン指定で mixi.jpを許可すると
後方一致で lovemixi.jpからの迷惑メールが届きます

これは ドメイン拒否で lovemixi.jpを拒否しても 指定受信が優先されるため
拒否できないようです。

ということで、まず、指定受信を@からの指定にしてみます。
@mixi.jp これで対応できそうです。


さらに通過してきたメールのドメインを @も含めて ドメイン拒否に入れていけば
相当軽減される。。。。はず
tag :

FC2ブログを軽くSEOしてみる

2011-10-18
FC2ブログは、アフィリエイトも可能で
使い勝手もよく、広告も若干小さめ
(個人的な好み)なのですが、この広告というのは無料ブログを運営する上で
必要なのはわかるのですが、記事なのか広告なのか分からないような表示はやめて欲しい
と思う今日この頃です

FC2ブログのイイトコロ
htmlの編集がしやすいところ

管理画面→テンプレートの設定→テンプレート管理

の 編集 から簡単にhtmlが直接編集できます。

ここで見てみると
<head> ここの間に </head>
メタタグのキーワードとディスクリプションが入っていない事に気が付きます

検索でひっかけたいキーワードを入れてみたり(実際の効果は、少ない様に感じますが)
google検索ではディスクリプションの内容をそのまま検索結果に反映してくれたりしてくれます。

ということで、手書きでコレをいれてしまうのも手ですね

ということで書き方

<meta name="keywords" content="重要,キーワード,書き込み">
キーワード、一つ一つを(,)半角カンマで区切って下さい
<meta name="description" content="このサイトを説明する文章、長すぎるとダメですが短すぎるのもまた微妙に感じます。適度な長さで適切にサイトの説明をすると効果的、当然検索結果に反映させたいキーワードを織りまぜる。">

この2行を
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
よりも下に書き込みます。
(文字化け防止)

descriptionの方は、検索結果に表示されるのは全角110文字程度っぽいです。コレ以上は…となってますので、200文字程度で作成するといいかも?(長すぎはスパム判定されるとの見解もあるようで)


あと、CSSも編集できるので
@charset "utf-8";
これを、CSSの一番丈夫に記述しておくのもいいかもですね。
文字化け対策です。




tag :

.htaccessに記述するユーザーエージェントUser Agent(UA)による振り分けをしてみる

2011-10-17
PCサイト以外に携帯サイトも作ったのだけれど
やはり携帯は携帯に
PCはPCにアクセスしてもらいたいもの
しかし、同一のサイトであることもまた認識してもらいたい

アクセスが多様化しているので
その辺にも答えて行かないといけないですね。


.htaccessを使って、振り分けを考えてみます。

Wikiより抜粋~
ApacheなどのWebサーバで使用できる、Webサーバの動作をディレクトリ単位で制御するためのファイル。

具体的には、CGIやSSIなどを実行するための宣言(命令)や、拡張子ごとにファイルタイプを指定するMIMEタイプの設定、ユーザ認証、IPアドレスやドメイン単位でのアクセス制限などを書き込むことができる。

.htaccessファイルで設定した内容は、.htaccessファイルがあるディレクトリとそのサブディレクトリに効果があり、効果があるディレクトリに入っているファイルすべてに影響をおよぼす。

また、サブディレクトリにも.htaccessファイルを別に置くこともでき、この場合は両方のファイルの効果が発生する(矛盾するときはサブディレクトリの設定を優先)。

ということ

つまりは、PC用URL http://www.example.com/
携帯用URL http://www.example.com/m/
と作ったのならば

TOPディレクトリに 携帯アクセスなら http://www.example.com/m/ へという指示を
http://www.example.com/m/ はサブディレクトリにあたるので
そのままだと命令がループしてしまうので 解除する指示を入れてやればいいということですね

htaccess.txtというテキストファイルを作って

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} "DoCoMo" [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} "J-PHONE" [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} "KDDI" [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} "DDIPOKET" [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} "Vodafone" [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} "SoftBank" [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^Nokia.* [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^MOT-.* [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} "L-mode" [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} "UP.Browser" [NC]
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/m/$1 [R,L]

を書きこみ保存
これをPC用のトップディレクトリ(indexファイルがあるところ)にFTPでアップ
サーバー側のファイルのリネームをして .htaccess に

もうひとつ htaccess.txtを作り

RewriteEngine Off

と記述
これをhttp://www.example.com/m/のディレクトリにFTPでアップロードして
先ほど同様リネームし、 .htaccessに

これで、ループエラーは発生しないはず

ついでにPC用のTOPページのhtmlに
<link rel="alternate" media="handheld" type="application/xhtml+xml" href="http://www.example.com/m/" />
をヘッダー内に記述しておくと

検索エンジンに携帯サイトはこちらですよノ
って教えてくれる

まだまだ携帯の需要はあるので
しっかりやっといて損は無いような気がしますね




tag :

WebブラウザとマウスジェスチャーとunDonut

2011-10-16
まずは
Google Chromeのマウスジェスチャーのアドオン

Mouse Stroke

こちらをダウンロードして
実行するだけ、Google Chromeでマウスジェスチャーできちゃいます。

かざぐるマウスなんかでも可能なんですが
どうしても他ソフトの事を考えると
ブラウザのみで稼動してほしかったりする場面があるので


そして
IEでマウスジェスチャー
Mouse Gestures for Internet Explorer

こちらからDL後実行
IE再起動→ツール→Mouse Gesturesで設定できます

うまく機能しないときは
oldページの •Download Mouse Gestures for Internet Explorer
をインストール後
IE再起動→先程の最新版再インストールでできると思います。

これでIE9でも快適にマウスジェスチャー
(やはりモッサリ感はありますが・・・・ちなみに検証マシンは4コア3.4G(仮想8コア) メモリ8G 64bit マシンなのでやはりブラウザの問題かと思います。)

そして最後に
unDonutの紹介
まずは派生の一式をDLできるサイト
unDonut+mod 置き場
そして、これをアップデートするのが置いてあるサイト

unDonut+mod rain版 1.48.83 更新日11/09/22

ReadMeファイルには基本的には上書きすればいいと書いてありますのでのですが

LinkExtractBarはPlugin64フォルダの中
あとはunDonut_83とAutoLoginを上書きすればいいと思います
(よくわかってないので自己責任でお願いします。
tag :

Webブラウザについて考えてみる

2011-10-16
ネットサーフィンとはもう古い言葉でしょうか

ブラウジングというのが新しいですかね?

誰かのウェブサイトを順繰り巡回していくことが
基本になると思いますが

日本では(世界的なシェアもあるとは思いますが)
IEがWindows標準なので、IEを使う人が多い様に感じます

このインターネットの窓をWebブラウザと言うのですが

現在の主流?はタブブラウザ
ほとんどのブラウザが更新を重ね、このタブブラウザとなってきました

もういつの頃か覚えてない 10年くらい前?から
タブブラウザ推奨委員会
こちらのサイトを参考に
DonutPというブラウザを使ってきました。

IE6エンジンで表示自体はIE基準、しかもタブ表示でき
カスタマイズ性も高い、マウスジェスチャーが画期的
このマウスジェスチャーに一度なれると、ついていないブラウザでは
非常にストレスを感じるくらいです。

先日まで、このDonutP (ドーナッツというらしい)
の進化版 unDonut をメインブラウザに使用していました

基本的にブラウザに開く閉じる以外の性能を求めない上に
軽く、見やすく、移動しやすく、タブの操作を感覚的にできる
という点を重視すると、特に他を探す必要が無いという現状だったのですが

windows7との相性が、イマイチ?

なのと、窓を開きすぎると落ちることがあり
(50以上の窓)
ストレスを感じたので、他のブラウザ(検証用にインストールはしてあるが)
を使ってみています。

まず、Google Chrome
こちらは、軽いですね。
タブも見やすい、しかし大量に開くのには向いていない感じです。

あと、ブックマークを常時表示できないので、
私の用途には若干合わないですね。

マウスジェスチャーも非搭載(アドオンみつけたので別記事で紹介)
なので、サクっと検証したり別ブラウザ使いたい時用になってます。

unDonutに使用感が似ていたのは Lunascape
こちらは高機能ブラウザで、なんか色々ついてます。
まだ使い慣れてませんが、
欲しい機能はひと通り網羅してくれているので
安定感があり、良さげです。まだ使い込んでいないので
大量の窓を開けるかは未検証

そしてIE9
こちらは、、、、確かに高速化はしていますが

相変わらずのもっさり感(何故でしょう)

マウスジェスチャーも相変わらずの非搭載ですね

あと、IEとGoogle Chrome両方に言えるのですが
ファイルのダウンロードの表示が非常にわかりにくい
なんで、こんな簡単なインターフェイスの表示方法を変えてしまったのでしょう?
ダウンロードをバックグラウンド表示でやる必要が
あるのか???どこにダウンロードするのか選択画面を出すのに
すごく手間取りました(わかってしまえばなんてことないが)
そもそもぱっと見た目でそれが解らな所に問題がある

あとはIEはインターフェイスを簡略化しすぎて
もう自由に使えるさわり心地ではないですね
戻るボタンやホームページボタンが何故ウィンドの端にちらばってるのか
デフォルトでメニューバーを隠しているのか
さらにオプション設定がいろんな所に散らばりすぎていて
設定はどこを触っていいのか・・・・

知ってる人しか使えない(使わせない)ブラウザになりつつある気がします

そこで結局軽く タブの使い勝手が良く 
ユーザーの多いIE基準で 使用感に違和感のない
unDonutに戻ってきてしまうのですが

とりあえず、最新版が出てるようなので今からインストールしてみます。
IE9エンジンを使うらしい

IE7版は、正直もうダメですね(使えないサイトが増えてきている)

時代の流れに乗っかろう









tag :

Yomi-Search(PHP)modified のTOPページを SEO+テーブルレス化してみる

2011-10-13
Yomi-Search(PHP)modified ver1.5.8 の改変
Yomi-Search(PHP)modified ver1.5.8.n2ですが

TOPページのhtmlを見てみると、どうしても汎用性が高い分
カスタマイズするときにテーブルをいじる形になってしまっていたので

CSSを追記することで テーブルレス化してみました。

テーブルレスと固定幅にすることで、デザインの編集はしやすくなったと思います。

幅は、広めの1000pxです。
ブラウザ間のCSS認識の違いをスルーするために
すべての幅に余裕を持たせてあるので
ある程度はどのブラウザでも同じ感じに表示されると思います。
IE6 IE9 googleChromeでは試してありますが他のものは未検証


本家のcgiのサポートサイトはなくなってしまっていたり
派生サイトのサポートも機能していなかったり
するようですが、同等機能のフリーソフトは見つからないので
まだまだコレが現役になるのでは?


未熟なスキルですので、構文が汚いのはお許し下さい

ご自由に改変されて構いません。

基本的に本家Yomi-Searchの利用規約に従いお使い下さい。


※インストール方法

templateフォルダのtop.htmlを上書き
CSSフォルダにtop.cssを入れる


※修正方法

top.htmlはかなりいじられています。
自動で入るサイト名なども手打ちとなります。
ご注意下さい。
その他のphpファイルなどはいじっておりません。

デザインはすべてcssにて行なっておりますので
編集の際は、top.cssを編集して下さい。

こちらに置いてあります。MSN_SkyDrive

使用例 おきねっと


不具合がありましたら、ここにでも報告頂ければ
対応できる範囲で対応します。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。