PCパーツレビュー

2015-11-13
久々の更新

自分用のメインマシンのを新しくしました。
今回はいろいろ新しいものを試してみたくて。

低予算ハイスペックとちょっと路線がズレました。

マザーボード、CPU、メモリ、SSDすべて入れ替えなので、組み換えアップデートのつもりが
ほぼ新品組み立てとなりました。

一番はCPUとマザーボードを LGA2011v3に変更した点。

通常のcore i7 CPUではなくて、Xeonを積んでみたかった。というだけの理由です。
これ「ジーオン」って読むんですね。

あと、M.2ソケット利用した高速SSDを使ってみたかった。
IMG_3019.jpgIMG_3020.jpgIMG_3021.jpg

これは。。。早いですよ。読み込み2000MB/s以上出ます。

BIOS確認からOS起動までが数秒。
パッパカパッパカって表現が一番あてはまります。

そして、CPUはXeon入れてみました。6コアの3.3GHz 本当は10コア以上入れたかったんですが。
値段が・・・というのも、シングルコア性能もあまり落としたくないというのが本音で。
マルチコア対応してないソフトもまだあるので。

前に使っていたCPUクーラーはソケットが対応していなかったので、新調。

こちらも以前にここでレビューしたグランドクロス鎌の後継モデル
「グランドクロス鎌3」
比較してみました。
IMG_3004.jpgIMG_3005.jpgIMG_3003.jpg

埃が汚いのは勘弁してください。。。

グランドクロスに拘っているわけじゃないんですが。
・水冷もいいけど、仕事で使うマシンに水は怖い。(リスク高い)
・空冷でも静かなほうがいい(ファンの回転数を抑えたい)
・でもよく冷やしたい(でかいは正義)

ということで、こちらチョイスです。ものすごい静か(前モデル)だったからという安心感です。

ほかにはグラボを
Geforce770OCから
Geforce970OCに変更
(980とのコスパを考えると・・・970でもオーバースペックなので・・・)

こちらは、ノイズレスファンということで、温度が65度以下の場合ファンが回らないという新機能搭載モデル。
これは素晴らしい。ケースファンの音のみでかなり静かです。

環境戻すのとWindows10になれるので数日は疲れそうですね。


余ったパーツで・・・・
TV用マシンを組む予定。
TV見ないので、最近ストリーミングのレンタルとか多いので、TVに直結して来客時やそんなストリーミング専用にしようかなと。
静穏で高さの低いCPUファンも購入 ついに あの眠っていたJazz(改)の出番なるか!!!
前回は AMDの高TDP高温CPU入れて大失敗したあのかわいいケースですね。。。

あのAMD君は、きれいに別箱へ組みなおされて大きいファンも付けられて別のお宅へ納品されました。。。
まだ数年は頑張ってくれるでしょう。
スポンサーサイト
tag :

大切なPCのデータのバックアップをどこに取るかということは重要な課題であると思う。

2012-09-03
機械は壊れるもの。。。そのうち壊れることを前提としておかないと、いざ壊れた時に途方に暮れますね。

・フロッピーディスク
・MO
・CD-R
・DVD-R
・BD
・HDD
・USBメモリ
・オンラインストレージサービス

記録し保存できるものはたくさんあり、それぞれに寿命と弱点、メリットとデメリットがあります。

現在、容量的にも、コスト的にも、優秀だなと思うのは、

・USBメモリ ~16GB程度
・HDD ~2TB程度
・オンラインストレージサービス ~4G程度
・DVD-R ~4.7GB程度

寿命からすると、USBなどは、あまり信用できませんね。一時的な保管場所な感覚です。DVDも年数劣化が激しく保存状態によってはエラーで呼び出し不可になっている可能性も高いです。

オンラインストレージサービスは、サービス自体が終了するかもしれない可能性に加えて、自己の管理下にあるものではないので、重要な情報を入れておくには不安があります。(突然規約改正されても気が付かないでしょ?)

HDDは物理的な破損の可能性が一番高そうですが、データの保管場所としてはそこそこの寿命がありいいのではないでしょうか?但し、持ち歩けば持ち歩くほど、その物理的な破損のリスクが上がってしまいます。

他には、サーバーに上げてしまうという方法もありますね。ギガバイト単位でけっこう安価にサーバーを提供してくれるところはけっこうあります。バックアップ体制もちゃんとしているなら、これ以上の保管場所は無いのではないでしょうか?但し、オンラインに繋がっていない環境からはデータを入手できないというデメリットがありますね。


自宅や、小さな会社でしたら、NAS環境にてデータを保存するというもの有りだと思います。
NAS【Network Attached Storage】(ネットワーク接続ストレージ)

各社から出ていますが、RAIDでミラーリング設定すれば、物理的な破損にもある程度リスクを軽減する床が可能ですね。

LAN接続で使うので、外出先からもアクセス可能なので、けっこう便利に使えると思います。



4TBのこのモデルは、ミラー設定(同じデータを2つのHDDに同時に書き込んでいく)でも2TBの容量がありますので、よっぽど高画質な動画のバックアップが必要でないならば、相当な量のデータを保管できるのではないでしょうか?

大切なデータの保管場所には、各記録システム、媒体、メディアの特徴をよく理解したうえで適した場所へ、上手に収納してい行きたいですね。
tag :

おすすめの ウェブカメラ 

2012-08-19


ロジクールのこのウェブカメラ!!!!

マイクも内蔵されていて、しかもフェイス自動追跡の機能まであります。

スカイプなどのオンラインビデオチャットにはもってこいのこのカメラ。

1500円以下とコストパフォーマンスも最高です!!
tag :

予算8万円でPCを組み立てる

2012-07-22
知人から、PCを見繕って欲しいとのお願いをされました。

・予算は8万円
・PC初心者(現在PC教室に通ってる)
・プリンターも欲しい(予算内で)

当初は、予算内のノートPC購入を予定していた。


以上の条件です。

話を聞くと、PC設置箇所から、特に移動は考えていないとのこと・・・

ノートPCをデスクトップに変更してもらいました。


実は予算はけっこう余裕はあるのですが、メーカー製の安いPCなら全然予算内で仕上がりそうですね。

しかし、ココが重要なポイントで

現在でも安いPCの低スペックでは結局長くは使えない。(使ってるだけでストレスを感じる)ようになる事が最初からわかるような内容のものばかり

ということで、今回も今まで同様ストレスのないサクサク動作のPCを組んでみようと思います。

プリンターは、使用する頻度が・・・ほぼ無いかもということなので、一番安い複合機をチョイスします。

CPUは予算的にIntelではなくAMDにしようと思います。

グラボは無し、OSは64bit
メモリ8G、HDDは500G(デジカメも無いし必要なら増設すればいいことなので)、DVDスーパーマルチ

ではまずはケースから

こちら520Wの電源付きのMicroATX対応ケースです。以前も使ったことありますが、安い割には普通に使えます。特にこだわりが無いのであれば問題なしと判断しています。電源込みでこの値段というのが最大の魅力です。送料込み¥5600-

次にCPUです。今回はこちらをチョイスしました。
《スペック》
【型番】 AD3870WNGXBOX
【ソケット】 Socket FM1
【コア】 クアッドコア
【動作周波数】 3.0GHz
【キャッシュ】 L2:1MB x4
【仮想化技術】 AMD Virtualization
【TDP】 100W
【グラフィック】 Radeon HD6550D
【プロセスルール】 32nm
グラフィックが統合されているので、多少の(高画質3Dゲーム等以外の)事なら、全然問題なし、という素晴らしいCPUです。しかも金額が素晴らしいです。

現在価格で¥8898-

そして、このCPUが搭載できるFM1ソケットMicroATXのマザーボード。
AMD 新CPU A-Series(Llano)対応、A75チップセットマザーボードのコストパフォーマンス重視モデル!
CPU Socket : FM1 チップセット : A75(Hudson-D3) サイズ : MicroATX
対応メモリ : DDR3 1866(OC) / 1333 / 1066 2Ch,2DIMM バス : PCI-E ×16 x2(×16x1,×4x1)、PCI-E×1 x1, PCI x1
出力 : RGB+DVI SATA : SATA3 x6 RAID : SATA RAID 0,1,10,JBOD
LAN : GbE USB : USB2.0x6, USB3.0x4 ※3倍給電対応 Audio : Realtek ALC889 8ch(108dB Blu-ray) BIOS : Dual BIOS 3TB+Hybrid EFI
と、性能面では全く問題なしの良品です。Intelの1155ソケット辺りと比べると需要のせいか若干高めですが、CPUとセットの金額で考えると、こちらのほうがコストパフォーマンスがいいと思います。

現在価格で¥7100-

そしてメモリ。4G×2枚の8GBですね。
マザーボードの対応しているもので、PC3-10600(DDR3-1333)あたりが妥当ですね。OC(オーバークロック)はこの場合、まったく考慮しなくて大丈夫です。

現在価格で¥3250-

HDDですが、なるべく高回転で有名ブランドをチョイスしたいところですね。
500GBで十分な使用頻度ですし、デスクトップなので必要になった時にいくらでも拡張できます。
容量:500GB
インターフェース:SATAIII
回転数:7,200rpm
キャッシュ:16MB

現在価格¥5133-

DVDドライブ、これも低価格なものをチョイスします。

とにかく安い!そして、ソフトもついている!
現在価格で¥1691-


ディスプレイ24型 FULL HD 光沢画面

¥13800-



OS Windows7の64bit Proの機能を一切使うシーンが無いのでHome Premiumで十分ですね。

¥10480-


マウスとキーボード、あとでいくらでも好きなものに交換してもらえるこちらは、とにかく安いものを、そして無線式がカッコイイですが、ここは初心者ということも考慮して、繋げば動く有線をチョイス

¥1635-


そして、指定のプリンターです。
印刷頻度が低いので安いものでOKですが、複合機がこの価格で買えるならば、コピーの利用も考えられるので、このCanonを選びました。




ケースにファンがついていないので、これだけ別途購入
¥380-

ここまでで合計金額
¥63131-
送料が多少かかっても予算内ですね。


非商用利用ならばOfficeはこれを使ってみます。言語パックが別途3500円程かかりますが・・・




無線LANのルーターならこれはいかがでしょうか?とても安くて安定感もあるのでおススメです。



FDドライブの生産がどんどん終了しています。
3モード対応のFDDは貴重なので多少値段は貼りますが、背に腹は変えられませんね。



tag :

CPUクーラーをリテールクーラーから社外の大型のものに変更しました。

2012-04-04
CPUクーラーを交換しました。今回交換したクーラーはコチラ


CPUクーラーには大きく分けて、トップフロータイプとサイドフロータイプがあります。

トップフローはヒートシンクに上から風を吹きつけて冷却するタイプ
サイドフローはヒートシンクに横から風を吹きつけて冷却するタイプになります。

ケースの大きさや、エアフロー(空気の流れ)を考慮して最適なものを取り付ければいいのですが、どちらがより優れているというような物はなく、一長一短になると言われています。

サイドフロータイプ


しかし、CPUクーラーで重要な要素の一つに、CPU周辺の他のパーツも同時に冷やすという事が上げられます。水冷化したときの一番の問題もそこですね、CPUコアの周りのパーツを冷やすために別でピンポイントファンをつけたり、メモリファンをつけたりしないといけなくなる。


サイドフローだと、吸気することで、エアフローを生み出し、これに当てるのですが、気分的に・・・・トップフローの方が好きです!!(好みの問題ですね)しっかり風が当たる、そんな気がします。

今回の交換の目的は静音化&冷却UPです。静音化すなわち、ファンの大型化により、回転数を下げ空気を切る騒音をできるだけ小さくしたいということです。

大型ファンを多数低速で回す事で、常時適切なエアフローを生み出し、省エネで静音な冷却が理想的です。

購入にあたり、ケースの中身を一切計測していかなかったので、多少の不安がありましたが。見事に収まりました。ケースの上部にメンテナンスホールがあり、ファンの固定ピンを押すことができましたが、これがもし、上部が開かないタイプであるならば、、、、マザーボードを外してからの交換の方が、周辺の部品の破損のリスクを抑えることが出来ると思います。ギリギリのサイズですので、面倒くさいですが、マザボを是非外してから交換して下さい。

P1010716.jpg
P1010717.jpg
リテールクーラーとのサイズ比較です
P1010718.jpg
上から見たサイズ比較、リテールクーラーのファンが8cm SCKC-2000のファンが14cm

P1010719.jpg
納めてみると、さらに大きさが際立ちます
P1010720.jpg
周辺パーツに干渉しそうですけど、適切なスペースが取られていて、問題なしです。

フロント吸気
上部排気
背面排気
サイド吸気となっているので
前から後ろにエアフローを考えてフィンの向きを揃えました。

驚くほど、静かになりました。さすが静音ファン!

高負荷時でも、CPU温度も安定していますし、なかなか両性能なCPUファンだとおもいます。





tag :

2台のPCをUSBで接続してマウスとキーボードを共有する

2012-02-01

これは面白いですねー。
USBといえば、PCと周辺機器を繋ぐのが普通ですが。
これは、PCの片方を周辺機器みたいに使っちゃうってことですかね?

すごい製品ですね!非常に興味があります。

さらに、光学ドライブも共有できるのがコチラとか



今までは、8,000円以上の製品しか見たことなかったので。
この価格帯の製品が出たことには非常に驚きです。

購入を検討してますので、
購入しましたらまたレポートしたいと思います。
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
出会い