スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

SIMフリースマホの超絶オススメ Zenfone2 の液晶フィルム

2016-01-16
グレアが綺麗だけど、やっぱり使い勝手は圧倒的にノングレア
指紋もつきにくいし、サラサラしているので、指の滑りがいいですね。

スペックモンスター Zenfone2のフィルムならコレ

アスデック 【ノングレアフィルム3】 ASUS ZenFone 2 ( ZE551ML ) 専用 防指紋・気泡が消失するフィルム NGB-ZE551ML
スポンサーサイト
tag :

FC2の広告うざいね

2014-07-24
FC2の広告うざいね
tag :

予算は全て込みで10万前後でゲームができるPCの購入を考える

2013-04-04

コメントで質問があったので、最近のBTO(build to order)のサイトをチェックしてみました。

10万だと、ある程度我慢し、削らなくてはいけない部分が出てきそうですが。。。

高級品でも、安物でもさほど違いの無い部分(違いは確実にありますが、後からでも変更可能な部分)はなるべく安価に抑える事が重要かなと思います。

マウス、キーボード:セットで1500円ー

スピーカー:1000円(ピンジャック式のスピーカー(ポータブルスピーカー等)ならとりあえず”音は出る”)

上記まとめてこんなのもあります。1980円・・・安い・・・

ゲームパッド:1500円~

こちらは、現在使用中の大きめのも、手が大きいならオススメ
http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&index=aps&keywords=JC-U2912&linkCode=as2&tag=amazoncoj0d3e-22

モニタ:どこまで妥協するかですが。24型フルHDで安価なもの
同型を現在使用していますが、明るく発色も良く、通常使うには何の問題もありません。(コントラストも輝度も下げて使っているくらい。)

ここまでで8000円以内なので、PC本体に9万円程度かけられますね。

いくつか比較してみましたが、この金額帯ならドスパラがおススメです。

http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=2&tc=56&ft=&mc=3341&sn=0
http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=87&ft=&mc=3370&sn=0

上記2つの違いはグラボのみ。650か660か、グラボ自体の値段の差が現在10000円程度なので、その差になります。

GOODWILLのオンラインショップもほぼ同じ金額帯でした。
http://www.goodwill.jp/

Amazonならちょっとお高めですが、660ti搭載モデル

こんなのもアリですね。(予算オーバーですが)

CPU:core i7 i5△ i3☓
メモリ:8G 以上
グラボ:Geforce650 以上

上記を満たす範囲でお財布と相談ですね。
どのゲームをプレイしたいかによって、要求するスペックが変わってきますが、最低動作環境ではほぼ100%カクつきます。(推奨環境でも場合によってはカクつきます)
最低動作環境以上で、出来る限り推奨環境に近く、むしろ推奨環境以上で組むことをおすすめします。

グラボ(Geforceと書かれている部分)は後から交換もできますので、660やそれ以上の物が安価になってから、交換するのもアリですね。

よきPCライフを

 

tag :

ターゲットキーワードで確実に見込み客の閲覧を稼ぐ

2013-03-18

頭に入れておくべきことは、殆どの人が素人で、ネットのエキスパートなんか数%だということ・・・

美容室を例に上げてみる。

美容室の名前「美容室カールハウス」で検索でヒットする。

これは当たり前であって、ふつうの事であり、このキーワードで検索する人は、検索する以前から見込み客であること。

つまり、「店舗名検索」に重点を置くことは、実はそんなに重要ではない。

 

では、どこに重点を置くべきか、、、、

検索結果があまりに膨大な数だった場合、絞り込みをかけるのが普通である。

「美容室」という単語だけでは検索結果が膨大になりすぎてしまって、目的のお店が見つからない。次に打ち込むべきキーワードを予測して、的確に表示させるようにしたいところである。

大抵の場合提案させていただくのは、「土地名」市町村から、さらに細かく住所を指定する。

「美容室 ●▲市」で上位表示されるなら、十分ではないだろうか?でも、市町村単位で広すぎる場合があるので、更に細かく「美容室 ■◆●(土地名)」等で表示されるようにしたい。

さらに、美容室だけではなく、関連ワード、「ヘアサロン、 ヘアーサロン」等のキーワードも重要だと思います。

お店の特徴があり、それを目的とした人の閲覧を増やしたい場合は、ここに特徴を入れていくとさらに効果的ではないでしょうか?

「美容室 ●▲市 エクステンション」 などなど。。。

最近はあいまい検索でもかなりの高確率でヒットできるので、ヘアサロン、ヘアーサロン程度の使い分けはさほど気にする必要は無いとは思いますが、関連ワードとして、ページ内に分散して書いておくとより確実だと思います。

最初から店舗名で検索する、見込み客ではなく、これから新規で探している見込み客を上手に掴めるかどうかが、サイトを立ちあげてその効果が上がるかどうかという点においては重要ではないでしょうか?

アクセス解析をみてみると、スマートフォンでのアクセスも増えてきていますが、現在においても、スマホの表示規格が統一されてないのが現状で、、もうしばらく様子見といった感じですね。

対策としては、簡単にモバイルサイトを制作しておけば、携帯電話、スマホで閲覧する方への配慮ができるので、専用ページというよりは、フラッシュやら、大きい画像やら、スクリプトやらをできるだけ排除した、情報のみのモバイルページを併設すること、また、更新が簡単でモバイル対応のブログを併用することで情報の配信をすることが、非常に理に適ったサイトの更新方法だと思います。

tag :

BTOのPCを買った時に取っておいたほうがいいもの

2013-02-28

BTO(Build to Order)

受注生産のPCですねー。マウスコンピューターとかドスパラとか、DELLとか。

基本的な事ですが、けっこう捨てちゃって後で困る物・・・・

1.保証書・・・買った箱に封筒で貼り付けてある場合もありますし、書面になっている場合もあります。とにかく保証書は無ければどうしようもないので、購入店の印が押されている押されていないに関わらず取っておいたほうがいいです。

2.購入証明書・・・領収書の類です。店舗購入ならレシート

3.箱に保証書が印字されているもの・・・受けとたらまず箱をよく見てください。箱に保証内容と保証書が印字さているものも多いです。

4.メモリのパッケージ・・・よく捨ててしまうのがコレ。メモリのケース。プラスチックの透明のアレです。ほとんどの有名ブランドのメモリは永久保証になっているので、あの箱と購入証明があれば新品と交換してもらえます。

5.説明書・・・これもよく無くしてしまいますが、説明書の最後のページに保証書が印字されている場合もありますので、まとめて取っておいたほうがいいです。

6.インストールディスク・・・メーカーサイトでダウンロード出来ない時のために必ず取っておいたほうがいいです。

元箱すべて取っておく必要はないと思いますが。最低限、保証期間内の交換修理保証が受けられるように、必要な物はまとめて取っておいたほうがいいですね。。。

パソコンなんて、所詮機械ですので、初期不良もありますし、故障もします。メモリの不具合交換もかなりの頻度でおこりえますので、保証書のかんりだけはキッチリと!!!!

tag :

ブログを書き続けることの重要性

2013-02-26

googleの検索アルゴリズムの変更からだいぶたちますが、検索結果の変動はいかがでしょうか?

サイトを作る際に、ブログも開設するか、毎回確認するのですが。。。

書かないよりは、書いたほうがいい理由をいくつか上げてみたいと思います。

1.ブログ開設にお金はかからない。もちろん記事の更新にもお金はかからない。更新も改変も簡単ノーリスクである事。

2.ウェブサイト(ホームページ)を更新するのは大変。まず、事業であれば、関連する更新内容が無ければ更新する内容がみつからない。

3.上記と被りますが、ブログという立場上、関係ない事でも記事として上げても大丈夫。

広告として、ウェブページ(ホームページ)を設置する以上、検索されなければ意味が無い事が多いです。簡単にサイト名検索で表示されれば問題ない場合には必要ないですが、あやふや検索(サイト名が分からない人が、検索結果を上から閲覧していく場合(ほとんどの人がこの方法でサイトを探します))に表示されたい場合は。すごく大変です。

1.ページの作りこみをちゃんとしないといけない

2.更新もきちんとしないといけない。

3.ボリュームを増やさないといけない。

どんな貴重な情報でもボリュームの少ないサイトはひっかかりません。大金を出して、有名サイトから関連項目でリンクを貼ってもらえれば別ですが、現状、非関連サイトからの一方的な大量のリンクはスパム扱いされてしまいます。

低コストでできるだけ多くの検索結果に反映したい場合。。。ブログを書き続けることが一番だと思います。コスト0でかかるのは手間だけという素晴らしいシステムですね。

記事に細かいことを書いて、さらに詳細はコチラ>と自サイト(ホームページ内の関連ページ)へのリンクを貼るだけで、目的のページへの誘導が完了しますね。

無料だけに、軽く見られがちで、なかなか更新してもらえませんが。。。

毎月ウェブサイトの管理料を頂いておりますが、それ以上に、この無料の部分に力を入れて頂けると、検索結果に大きく影響しますよ。(訪問の度に言っている気がする。。。)

ソーシャルサイトが流行っていて、そちらでの集客を目指す方もいますが、現状でブログすら更新できないようであれば、ソーシャルなんてもっと無理(更新頻度や、その他の煩わしさは比較にならない)だと思いますので、まずは、一般公開で効果があり、書き続ければ一定のアクセスを得られる素晴らしいブログシステムを活用して貰いたいものです。

tag :

相互リンクツール LINKopty テスト

2011-10-23
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。